お久しぶりです。ブログ書くとなるとついつい長く書かないとと思ってしまうのがダメなんだね。
短編でもいいよね。
さておき、おかん語録久々の更新です。


母「(いとこの名前)ちゃん、東京からちょっと帰ってきて、彼女と京都で一泊して旅行したらしいで。で二日目は自宅に泊まってんて。」
僕「えぇなぁ。」
母「自宅では同じ部屋やって。キャ~やな。」
僕「男子か!」

なーんて話を繰り広げてるわけです。えーと断っておきますが、これ

親子の会話です。


母親は何故か僕に刃を向けます。

母「あんた先越されたな」(先制攻撃)

やめてくださいおねがいします。危機感すら感じてるんです。


母「まあ、早けりゃええってもんじゃないから。あ、いろんな意味でな。」(追い打ち)

なんの意味やねん、なんて無粋なことは言いません。お互い、語らなくても分かるのです。
ホント厄介な能力だわ。

僕「でもなあ、彼女と自宅泊まったんやろ?」
母「せやねん。だからさ、(母の姉の名前)ちゃんに聞いたってん。」
僕「なんて」(←このへんから僕もノリノリ)

母「『二人っきりやったんやろ?どうなん?』って。」

僕「中学生男子か!」
母「ほんなら、『んなもん知らんわ!』って言われたわ。残念やわ〜。」
僕「残念て。まあ、そらそうやろなあ……てかさぁ」
母「?」

僕「絶対京都でしてるやろ。」

母「違う違う。」
僕「え?」








母「東京で、や。」








この人には勝てんわ。