お久しぶりです。
お寒うございますな。
ノロウイルスも流行ってるようで、皆さん体調はどうでしょうか。
僕は運良く風邪は引いておりませんが、持病の鼻炎がひどいです。

なるべく毎週おかん語録を更新できるように頑張ってはいるんですが、そうそうネタは転がっているものではなく……というか僕がしっかり拾えていないのかもしれませんけれども、毎週というのは中々に難しいもので御座います。過去の会話の記憶を辿りつつ、思い出したら書く感じですね。

実は今週は、大阪国際空港へ行ってきたのでその写真でも乗せようかなあと思っていたのですが、写真見たらそんなに上手くないし(元からですが)、短期滞在だったのといっぱい写真を取れてないのとでやめました。空港に遊びに行くのなら、長時間行きたいですね。

空港というものは本当に良いものです。時間とお金さえあれば、旅への誘いとでも言うのでしょうか、今すぐにでも飛び立ちたい気持ちになってきます。国内空港でこんな調子なので、例えば関西空港に遊びに行くと、もうそれはそれは。今すぐにでも海外に行きたくなります。

保安検査ゲートで見送るときの歯痒さ。ああ、向こう側に行きたいなあ……なんて。


さておき、語録もその5までやってまいりました。
意外と書いてるようでまだ書いてないですね。
千里の道も一歩からとはいいますが、まだ5歩しか進んでないわけです。
まあ、おかんの口から1000もの面白発言が出てくるのか?と言われると疑問なんですが。

このブログの読者さんは、ぼくが手術した事をご存知でしょう。
え、知らない?それは良くない。
【体験記】手術してきた【前編】

【体験記】手術してきた【後編】
を読むのです。今すぐに。




読みました?ああ、いいですね。素晴らしい。
あの時、手術するにはお金がかかるので、診察が終わってから家に電話をしていたのですが、その時に話していたのはもちろんおかんなわけです。

今日はその時のお話。

僕「ということで手術することになりました。」
母「わかったわ。ほんで……その、タマタマの方は大丈夫なんかいな」
僕「何を言うのに恥ずかしがってんねんな。」
母「いや、ほんで大丈夫なんかいな。」
僕「うん。まあ、たぶんね。もしダメでももう一個あるし。」
母「ああ、別条はないねんな。」
僕「うん。ほんで手術やねんけど…」
母「手術てなにをするねんな。あ、もしかして……」
僕「?」







母「ちょんぎんのか?






僕「せめて1回使わせてからにしてもらえます?」

母「えー、そう?そうなん?てかあんた……」









母「使えんのか?」







僕「使えます!!!将来的には!!!」



母「あ、そう……」




母「まあ、あたしは別に構へんで?」






僕「何がやねん!!!!」




その後、例のごとく「別に彼氏連れてきてもいいよ」って諭されました。
なんでやねん。