年に一度の記念日なのか。
はたまた、来なくていい日なのか。
感じ方は人それぞれでしょうか。
そう、3月5日はぼくの誕生日なのです。

そんなめでたい日の出来事。




母「そういえばあんたこれで何歳なるん?」

僕「知らんけど今って何年?」

母「201…なん年か。」

妹「5やで。」

僕「ほんならぼく22やん。」

母「うそぉ」

僕「いや、嘘言うてどないすんのよ。」

母「だってさぁ」

僕「うん」







母「あたしが結婚した年齢やん」




















母「まあ、ええ人見つけや。はっはっは」




















つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


無駄にどや顔なのが腹立ちました。