わりとがんばってゐる。

小学校の思い出しか思い出せないけど、中学の時って割とまじめちゃんだったからそんな記憶に残るようなことはしていないせいかもしれないと、ふと思いました。

いや、でもまあ探せばあるんでしょうけどねぇ。
無駄な日なんて過ごしてないんだよ、きっと。お、これ名言だな。

あ、そうだ、修学旅行の時の話でもしましょうか。
うん、そうしよう。

なんていうかね、この時に僕が選択した道っていうのが、今の僕の原点とも言えるのかもしれないなと思えてくるのです。当時はそんな事これっぽっちも考えてなかったんですけどねぇ。
僕の小学校では、修学旅行で広島市へ行ったんですよ。お目当ては平和祈念公園です。他都道県の人は京阪神に来たり、大阪とか奈良の一部は志摩行ったりしてたらしいですけど、うちは広島でした。

まあ僕のお目当てはどっちかというと新幹線と広島電鉄でした。どうでもいいか。
そういえば全然関係ないけど昔の広島市民球場を見たのはこれが最初で最後でした。

小学校といえば調べ学習がありまして、確か僕が5年になったときに「総合的な学習の時間」ってのが指導に含まれることになったこともあり、その一環でいわゆる反戦教育的な調べ物をすることになったわけです。まあこの内容については、別に右曲がりの人が言うように「自虐的な教育だ!」とか、左曲がりの人が言う「平和とはー!(怪しい感じのアレ風に)」とか、そういう事を言うつもりはありませんのでそういう事を言おうとしてた方は荒れるのでクソして寝な。
最近の姉ちゃんキツイや。

実際、過去に起こった出来事を調べただけですし、内容が何であれ「調べる」ということは大切ですからね。

さておき、調べ学習ですよ。
何について調べるつもりだったのかとかは詳しく忘れてしまったのですが、 大体どこの班も同じような事を書いているわけでして、それだったら面白くないよねーって班の人達と話してました。T字型の相生橋が原爆を投下する場所の目印にされていたらしく、相生橋といえば路面電車も走ってるし、T字型ってのも珍しいし、もう本来の目的とは大きくかけ離れてるけど、見に行きたいなあと思っていたのですが、調べ物もしないといけないし…と困り果てる小学生たち…というか僕。

投下目標が相生橋だったのですが、実際の爆心地は島病院がある所で、当初は全くその予定はなかったし、そもそも公園から出てはいけないとかたしかそんな決まりがあったんですが、僕が「他と一緒の調べても意味ないし、どうせやったらそこで話聞こや」と思いつきで発言するとなんか周りも「せやな」って感じになり、担任を呼びつけて「公園から出ちゃ駄目とかあったけど今からここ行くんで着いてきて下さい」と無茶もとい事実上の同意を取り付け、取材しに行きました。
まあ詳しい話とかは忘れたので(意味ねえ)あれなんですけども……

当時を振り返ると、その時から結構思いつきで発言してるんだな僕という印象で、だけど内容に関してはしっかりと考えてて、無茶を言ってるわけじゃなくてもうちょっと良くなればいいなと考えた上での思いつきの発言を昔からしてたんだなと思います。あとルールもトップに掛けあってひん曲げるというのに関しても、今も昔も変わりません。あ、そこまで無茶なひん曲げはしてないですよ。やめてよ、変な勘違いするの。

今の僕は「思い立ったら即行動!」を割と心掛けるようにしているのですが、当時は今よりももっと自由にやっとったんだなぁとぼんやりながら感じました。あ、今でも1つだけ行動に移せないことがありますね。何かわかります?




だからこの歳でも童貞なんですよ。 
(今日も酷い終わり方だ)