20131204_183841


銘 柄篠峯(しのみね)

種 類純米酒

蔵 元千代酒造

場 所奈良県御所市大字櫛羅621





GoseCity 「ごしょ」と書いて「ごせ」と読むので、県外の人は初見でなかなか読めない地名です。僕はテストで「ごせ」と書いてしまったことがあります。

前回の葛城市と接しており、この地域は葛城氏という昔の豪族によって治められていました。御所市を通り、そのまま紀の川にそって和歌山まで行く道は、古墳時代から街道として存在していたらしく、例えば風の森峠などは当時から存在している峠だそうです。まあ、今の道が当時の道そのものだ、という訳ではないのですが。

御所市はツツジで有名な葛城山(別名:篠峯)があり、シーズン時は混雑します。他にも、水平社発祥の地であったりだとか、どこかのマンガで聞いたことのある高鴨神社があるのも御所市です。

20131204_183802新酒ですから言わずもがななところはあると思いますが、香りはやはりフルーティ。香りを楽しもうと思ったら、近づけすぎて鼻をお酒につけてしまいました。(ちなみに素面)

名前がうすにごりと言うだけあって、やはり濁っています。ですが濁り酒ほどドロドロしたものではないのは見ただけでも確認できるかなと思います。まあ濾してますからね。

さて、飲んでみますと口の中で少ししゅわっとしており、フレッシュな感じを楽しめます。新酒ならではですね。味もしっかりと舌の上で広がります。普段の篠峯のお酒の味に、しゅわっとした感じとフレッシュな感じが加わった印象でした。

それでは、また次回お会いしましょう。