今回は狭隘(きょうあい)路線で有名な「72系統 押熊線」に乗りました。

狭い道を走るにも関わらず、マイクロバスではなく普通の大きなバスで運行されています。普通のバスと言っても大きさが色々とあるらしいんですが、そこまで詳しくないのでご了承ください。分かる人は写真見たらわかると思うんで、また教えて頂ければと思います。

さて、押熊線について軽く説明しておきましょう。

[系統と停留所]
RouteMap
72系統 押熊⇔西大寺駅
74系統 平城中山→西大寺駅

74系統は平日2本のみで、72系統に続行で運行されています。


[道路事情]
秋篠三和町から押熊までは、一部を除き、バスが走ると対向の車とすれ違えないレベルの狭隘区間となっています。しかし、驚くなかれ。全経路、一方通行ではないのだ。これ覚えておいてください。

一方通行の道路でないにもかかわらず、バスも同じ道を双方向に走るという凄まじい区間です。
この道は一人旅第二回で歩いた県道52号線(京都府内は府道52号線)の旧道区間となっています。旧道なので住宅街の中を縫うように走っているため利用客は結構存在します。

バスの経路の途中には交通整理の警備員を配置しており、狭い区間を先に一般車両を通すか待たせるか、どこでバスがすれ違わせるかなどを、互いのバスや警備員と連絡をとりあって決めています。
52号線とならやま大通りの交差点を押熊のハッスルの方へ曲がり、サークルKのある交差点が旧道です。ここはまだ押熊線のバス停はありませんので押熊停留所へ向けてしばらく歩きます。

2015_04_13_14_34_39

まあ、この時点で十分狭いですね。繰り返しますが、この道は一方通行ではありません。旧道区間の隣に2車線の道路(バイパスってことでいいのかな?)がありますが、地元民にとっては抜け道なのか旧道もそれなりの交通量があります。

2015_04_13_14_35_26

写真ではあんまり狭さが分かんないですね。おそらく一方通行なら自動車は歩行者と余裕を持って走行できる程度の幅です。いやしかし、僕もニコ動とかで押熊線の前面展望を見た時はなんとなくしか狭さがわからない部分が結構ありました。幅を測る何か持ってきたらよかったかな?

2015_04_13_14_36_06

もう停留所は目と鼻の先です。というか見えてます。自販機やポストが置かれている隣の小屋。ここが押熊停留所です。ならやま大通りからも近いです。もう少し走らせれば大きな道路とぶつかるのでそこで折り返してもいいのにと思いますが、折り返す場所の都合でここまでの運行になのでしょう。

2015_04_13_14_37_32

そうこうしてるうちに押熊停留所に着きました。最近バス停の標識が更新されており、フォントが手描きっぽいのから丸字というかゴシック体へと変わり、そして下にはローマ字が付くようになりました。

2015_04_13_14_37_51

停留所はバスの転回場も兼ねています。このスペースでUターンするわけです。しかし、スペースは割と狭いため、バスが入ってきてもここで綺麗にUターンするのは相当難しそうです。


2015_04_13_14_46_15

バスがやって来ました。スペース的に一発でUターンするのはやはり難しいようで、一度バックして位置を調整していました。こんな大きな体を上手に操る運転士さんは本当にすごいです。

2015_04_13_14_46_25

バスに乗り込みました。前乗り後ろ降り、運賃先払いの運賃申告方式です。
運賃申告方式とは、乗車時に降りる停留所を運転士さんに告げ、そこまでの運賃を払う方法です。何も言わずに乗るとICカードからは最後の停留所までの運賃が引かれます。いわゆる初見殺しです。

2015_04_13_14_48_22

当日は雨だったため、停留所の風景を撮ることが出来ませんでした。
僕が停留所についた時はもうすでに5人ほど、年配の人がバスを待っていました。

2015_04_13_14_50_19

さあ、走り始めました。少し出オチな感じがしなくもないですが、最初から狭隘区間を見せつけてきます。さすが奈良交通、容赦無くマニアの心をくすぐってきます。

2015_04_13_14_50_34

こんな道幅を巨体が駆け抜けますが、一方通行ではありません。
駆け抜けると言っても速度は2,30キロ程度しか出ていません。
というかそんなに速いスピードは住宅街の中ですから怖くて出せないですよね。

2015_04_13_14_51_13


ええと……






一方通行ではありません。






2015_04_13_14_51_22

はい。








一方通行ではないのです。









2015_04_13_14_52_09

南押熊に到着しました。二つ上の写真を見ると警備員が1人いるのがわかりますね。
押熊を出るときに「出ます」と連絡することで対向車を止めてくれるようです。警備員さんがいないと大変なことになってしまうのは簡単に想像できます。

2015_04_13_14_52_24

これが、今は旧道だけれども県道だったということに驚きを隠せません。
山の中の国道や県道は酷道や険道と評される事もあるように、状態がひどかったりやけに狭かったりと色々ありますその酷さはよくわかりますが、住宅街の中にも険道はあるんですね。

2015_04_13_14_52_31

もともと奈良県は道路事情が良くないため、狭隘道路は県内各地に多く存在します。そしてその大半は、地元民や詳しいドライバーの抜け道と化しているため交通量が多く、危なかったりします。

一回でまとめようと思っていたのですが予想以上に写真があったので今回はこの辺でストップしておきます。次回で終わらせられるかな…?

次回に続く!