20140301_184239


銘 柄百楽門(ひゃくらくもん)

種 類純米吟醸酒

蔵 元葛城酒造

場 所奈良県御所市名柄347-2




GoseCity 「ごしょ」と書いて「ごせ」と読むので、県外の人は初見でなかなか読めない地名です。僕はテストで「ごせ」と書いてしまったことがあります。

前回の葛城市と接しており、この地域は葛城氏という昔の豪族によって治められていました。御所市を通り、そのまま紀の川にそって和歌山まで行く道は、古墳時代から街道として存在していたらしく、例えば風の森峠などは当時から存在している峠だそうです。まあ、今の道が当時の道そのものだ、という訳ではないのですが。

御所市はツツジで有名な葛城山(別名:篠峯)があり、シーズン時は混雑します。他にも、水平社発祥の地であったりだとか、どこかのマンガで聞いたことのある高鴨神社があるのも御所市です。

「奈良うるはし」とは

端的に言うとお酒の名前で、色々な蔵がこの名前で売り出しています。

清酒発祥の地、奈良。平城京に都があった時代から、酒造りは行われてきました。
その酒造りの中心となった場所が正暦寺というお寺です。現在このお寺では酒造りは殆ど行われていませんが、酒母の仕込み(酒母とは酵母を培養したものです)が行われています。

正暦寺と、奈良県内の有志の蔵元さんが集まって「奈良うるはし酵母」と呼ばれる酵母を作りました。
そしてその酵母と、奈良県産のお米を使ってつくられたのが「奈良うるはし」というお酒なのです。

奈良うるはしは、黒松稲天・猩々・長龍・菊司・梅乃宿・百楽門・金嶽・千代の松・嬉長・出世男・五神・豊祝・美代菊・鷹長・談山の各蔵でつくられています。どれも同じ酵母を使っているのでなんとなく風味は似ているのですが、蔵によって作り方が違うため味はそれぞれの特徴が出ています。

20140301_184252

《このお酒の個人的な評価》

香りの甘さ 1
どちらかというと酸味を感じます
味のしっかり度 4
後味がなんとなくですが白ワインっぽかったです
味の広がり度 3
少し広がるかな?という感じです
お酒の甘さ 3
甘さ控えめだけど、味はしっかりしたお酒って感じでした。






やっぱり、奈良うるはしという名前のお酒は酸味を感じるのですが、これは僕だけなのかなあ。
その日の体調とかにもよるらしいので味覚を表現するというのは中々に難しいことです…とまあ愚痴はさておき、このお酒はさらっとした感覚と甘みを持った感覚の中間に位置するかなあと思いました。ただ、ちょっと酸味を感じるという、不思議なお酒です。奈良限定です。

※お酒の評価について
①5段階評価については数値が大きくなるにつれて各項目の度合いが強い事を表します。
②数値の高低はお酒の性格判断ですので良いお酒・悪いお酒を判断するものではありません。
③各項目についてはいるかむの主観で判断したものです。実際の感じ方には個人差があります。
以上3点は参考にされる際に十分ご注意ください。

それでは、また次回!