いるかみゅーず

みんなの暇つぶしサイト、いるかみゅーず!

    奈良交通

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    狭隘(きょうあい)路線で有名な「72系統 押熊線」に乗っています。
    この記事は第四回「狭い道から」その①の続編です。未読の方はこちらからどうぞ。

    さて、前回と同じく押熊線の説明です。

    [系統と停留所]
    RouteMap
    72系統 押熊⇔西大寺駅
    74系統 平城中山→西大寺駅

    74系統は平日2本のみで、72系統に続行で運行されています。


    [道路事情]
    秋篠三和町から押熊までは、一部を除き、バスが走ると対向の車とすれ違えないレベルの狭隘区間となっています。しかし、驚くなかれ。全経路、一方通行ではないのだ。これ覚えておいてください。

    一方通行の道路でないにもかかわらず、バスも同じ道を双方向に走るという凄まじい区間です。
    この道は一人旅第二回で歩いた県道52号線(京都府内は府道52号線)の旧道区間となっています。旧道なので住宅街の中を縫うように走っているため利用客は結構存在します。

    バスの経路の途中には交通整理の警備員を配置しており、狭い区間を先に一般車両を通すか待たせるか、どこでバスがすれ違わせるかなどを、互いのバスや警備員と連絡をとりあって決めています。

    さて、本編ですよ。
    【ふらっといるかむ一人旅 第四回「狭い道から」その②】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    この記事は第三回「過去を訪ねて」その①その②その③の続編です。
    まだ見られてない方はそちらから先に読むことをオススメします。

    前回のあらすじ
    東畑鳥谷停留所を目指してひたすら歩いているいるかむ。
    どうやら地図によると、あともう少しで目的地周辺らしい。カーナビならここで案内が終了してしまうだろうけれど、徒歩だし廃バス停跡巡りだしで日中から手探りな僕に今怖いものなんてないのだ。でも、バイトに遅刻することだけは勘弁な。

    【ふらっといるかむ一人旅 第三回「過去を訪ねて」その④】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    この記事は第三回「過去を訪ねて」その①その②続編です。
    まだ見られてない方はそちらから先に読むことをオススメします。

    前回のあらすじ
    そもそもなんでこの辺のバスが廃止になったんだろうと思ったので、この周囲の出来事とバス事情を一気に解説してみたよ。まあ結論でなかったけどね!

    さて解説は前回でおしまいですよ。ここから段々と山道になっていくので、しんどくなってきますがめげずに頑張って歩きます。しかしバス停の痕跡は確認できるのでしょうか。少し不安です。

    おことわり
    奈良交通から精華くるりんバスへと移管された際の変更点は以下のとおりです。
    ・東畑集会所を東畑に改称。なお、奈良交通時代に東畑小学校前から改称されています。
    ・東畑集会所〜東畑鳥谷間は完全廃止(移管もなし)

    このブログでは当時のバス停名で記述しております。お間違いの無いようにご注意ください。

    【ふらっといるかむ一人旅 第三回「過去を訪ねて」その③】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    この記事は第三回「過去を訪ねて」その①の続編です。
    まだ見られてない方はそちらから先に読むことをオススメします。

    前回のあらすじ
    東畑鳥谷線の遺構を訪ね、けいはんなプラザから歩き続けて東畑口停留所跡までやってきました。現在も精華くるりんバスの東畑口停留所として現役ではありますが、次の東畑小学校停留所(精華くるりんバスに移行後「東畑」に変更)でコミュニティバスは折り返してしまいます。時間的な制約と地理的な状況を考えつつ、先へと進むことにしました。

    今回はこの地域のバス事情についての軽い解説のようなものです。
    ほんとは最初にやるべきだった気がしなくもないという感じですが、まあ目を通して頂ければ。
    おかしなところとか、新たな情報があればぜひぜひ教えて頂ければと思います。

    【ふらっといるかむ一人旅 第三回「過去を訪ねて」その②】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    今回は狭隘(きょうあい)路線で有名な「72系統 押熊線」に乗りました。

    狭い道を走るにも関わらず、マイクロバスではなく普通の大きなバスで運行されています。普通のバスと言っても大きさが色々とあるらしいんですが、そこまで詳しくないのでご了承ください。分かる人は写真見たらわかると思うんで、また教えて頂ければと思います。

    さて、押熊線について軽く説明しておきましょう。

    [系統と停留所]
    RouteMap
    72系統 押熊⇔西大寺駅
    74系統 平城中山→西大寺駅

    74系統は平日2本のみで、72系統に続行で運行されています。


    [道路事情]
    秋篠三和町から押熊までは、一部を除き、バスが走ると対向の車とすれ違えないレベルの狭隘区間となっています。しかし、驚くなかれ。全経路、一方通行ではないのだ。これ覚えておいてください。

    一方通行の道路でないにもかかわらず、バスも同じ道を双方向に走るという凄まじい区間です。
    この道は一人旅第二回で歩いた県道52号線(京都府内は府道52号線)の旧道区間となっています。旧道なので住宅街の中を縫うように走っているため利用客は結構存在します。

    バスの経路の途中には交通整理の警備員を配置しており、狭い区間を先に一般車両を通すか待たせるか、どこでバスがすれ違わせるかなどを、互いのバスや警備員と連絡をとりあって決めています。
    【ふらっといるかむ一人旅 第四回「狭い道から」その①】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    最近ちょっとバスに興味が出てきました。

    というか、元々路線図が好きだったので、バスの路線図の魅力にも取り憑かれたというのがどちらかと言うと正しいのかもしれません。あと方向幕とかも見てて飽きないですよね。

    一番身近なバスといえば、奈良県下を走る奈良交通。
    今は緑と白の2色に塗られたバスが奈良県を縦横無尽に走り抜けていますが、バスの色がクリーム色、柿色と青色の3色だった時代から馴染みのあるバスです。鹿の絵は変わらないですね。

    DSCN3982
    緑と白の奈良交通

    しかし、奈良県を縦横無尽に駆け抜けていたのも今は昔。
    利用客の少ない路線は撤退・縮小され、もうバスが来なくなってしまった所も少なくありません。
    今回訪ねた所もそんな悲しい末路を辿った路線の中の1つです。

    さて、みなさんの中で東畑鳥谷という名前を知っている人はどれくらいいるでしょうか。

    これは「東畑鳥谷線」という系統の終点の停留所なのですが、ここを走るバスはもう長らく前に廃止されました。もう10年近くが経とうとしています。精華地区が今のような発展を遂げる前から走っていたバスの経路に何か遺されたものが無いか気になったので、今回は散策してみました。

    なお、今回は「十津川特急の路」というサイトの「みかん村の自由乗降区間」内にある「春の山城に消えたバスの路」というページを参考にしました。むかし偶然このサイトを見つけて、廃バス停に行ってみたいなあと思っていたんですよね。
    【ふらっといるかむ一人旅 第三回「過去を訪ねて」その①】の続きを読む

    このページのトップヘ